ITエンジニアの『技術力』をプレゼンするコツは?

に投稿

プレゼンする男性

現在転職活動中で、近く二次面接を控えており、そこでの課題へのアプローチをどうしたもんかと頭をひねっております。

その課題とは、「"ご自身の技術力"について5分間でプレゼンして下さい」です。

技術力という言葉、普段何気なく使っていますが、自分の技術力、と言われて棚卸しようとしても、

まず技術力って何だ?

と、行き詰まってしまいました。

そこで、技術力の定義とはなんぞや、という事で、言葉をググってみたところ、やまろうさんのページが出て来て、何かのヒントや自分の中にない発想を頂けるかもしれないと思い、メールを送らせていただきました。

というわけで本題です。

技術力、しかも、個人の技術力とは何でしょうか?

また、それをプレゼンして企業へ売り込む訳ですが、自分の中にある技術力のうち、その企業が求めているものを的確に盛り込んで行くための考え方などありましたらお聞かせ頂きたいと思います。

読者の方から相談メールをいただきました。

同じような悩みを持っている方向けに回答内容を一部紹介します。

自分の技術力をプレゼンするコツ

技術力、しかも、個人の技術力とは何でしょうか?また、それをプレゼンして企業へ売り込む訳ですが、自分の中にある技術力のうち、その企業が求めているものを的確に盛り込んで行くための考え方などありましたらお聞かせ頂きたいと思います。

ITエンジニアの技術力といったら、ソフトウェア技術の知識・経験でしょう。

面接において、「自身の技術力についてプレゼンする」というシチュエーションであれば、

「自分が持っているソフトウェア技術の知識・経験を使って、応募先企業でどんな貢献ができるか?」

について話せばいいと思います。

ですから、まずは自分が持っているソフトウェア技術(プログラミング言語・フレームワーク・API、DB、ネットワーク、OS、ミドルウェア、モデリング技術、開発プロセス・方法論等)の

・知識
・経験

を洗い出し、これらの知識・経験を使って応募先企業で、

・どんな仕事ができるか?(○○の開発ができる等)
・どんな貢献ができるか?(○○の生産性を向上できる。○○について他の社員にレクチャーできる等)

を考えてみるといいのではないでしょうか。

注意すべきは、気負いすぎて自分をよく見せようと、知ったかぶったり、上から目線になってしまうことです。私も以前そのような失敗をしたことがあります。

ですから、気負わずご自身のスキルをありのままに説明されればいいと思います。面接まで行けたということは既に書類上の経歴については十分良い評価をされているということですからね。

ご参考になればと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

ゼロスクは35歳以下限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

 - 面接