ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

プログラマーSEがウルシステムズへ転職成功する秘訣

2016年6月6日に投稿 → に更新 企業研究

ウルシステムズに転職したい!

「ウルシステムズって要求分析や開発の方法論持ってそう!」
「最上流から参加出来て仕事面白そう!」
「入社のハードルは高いのかなぁ?」

ウルシステムズっていいですよね。オブジェクト指向黎明期からUMLを使った要求分析やオブジェクト指向分析設計の方法論を展開していて憧れていました。

実は私、ウルシステムズの採用セミナーに参加して社長の漆原茂さんと話したことがあるんですよ!

その時の経験もふまえて、ウルシステムズの中途採用応募に役立つ情報を紹介します。

私のウルシステムズ面接体験談

採用セミナーだったので、応募者が6名くらいで漆原社長に質問するみたいな会でした。2004年の話なので、けっこう前ですね。私も当時25歳で入社4年目とかでした。質問したことや回答内容を思い出して書いてみます。

顧客に提案を断られた場合はどうしますか?

「例えば、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用を提案した際に個客が保守的な考えの方だった場合に、『そのOSSにバグがあったらどうするんだ?何かあったら誰が責任とるんだ?』等と言われてしまうことがありました。オープンソースをうまく活用すれば、生産性はぐんと上がるので、もどかしい想いをしています。こういう場合、ウルシステムズさんではどうしてますか?」

と聞いてみた所、

「バグがあったら、私たちで直します。オープンソースはソースコードが公開されているので、自分たちでバグフィックスすることが出来ますからね。こういう感じでお客様の懸念点を取り除けば納得して頂けるんじゃないですかね!

とのことでした。「なるほどぉぉ!」と感激しました。当時私が勤めていた会社は技術力に自信がない為か、責任を取らないですませようという方針が強かったので、「自分たちでOSSをメンテする」という発想がありませんでした。価値ある仕事は責任感によって生まれるのだなと感激しました。

それから「こちらの提案を通すことに拘りすぎず、お客様の課題を解決することを第一にしている」とも仰っていました。

システムベンダーのあるべき姿ですよね。

忙しさは?残業多い?

開発職はリリース前などは残業も多くなる時もあるけれど、コンサルタント職の労働時間は比較的安定しているとのことでした。コンサルタントの仕事は開発に比べて予定外のことが起こりにくそうなので、安定しやすいんでしょうね。

求められる技術レベルは?

ソフトウェア技術の基礎知識と開発経験があれば、方法論については入社してから身につければOKとのことでした。

入社出来たら確実にスキルアップできそうですね!

社風は?

漆原社長は気さくで話しやすい方でした。高圧的な感じもなく、上からな感じもなくて、おだやかでいいなぁと思いました。

社長の性格って社風に繋がるので、そんな会社なんじゃないかなと思います。

募集要項を分析

ウルシステムズのホームページの中途採用ページを見てみました。
ITアーキテクト職と業務分析コンサルタント職の募集要項を分析してみましょう。

ITアーキテクト職

仕事内容 ~技術の選択・構築する職

・業務内容
アジャイル開発やDevOps、クラウドなどを駆使してITアーキテクチャを設計・構築します。先端技術検証やグランドデザイン策定、高速処理基盤や大規模プラットフォームの構築など、技術全般の牽引役を務めます。

今どきの開発トピックが盛りだくさんですね。業務システム開発だとアジャイル開発、DevOps、クラウドなどはまだまだ普及してないのかなぁと思っていましたが、ウルシステムズのような会社だと既に取り組んでるようですね。

必須スキル・経験 ~Javaの開発経験あればOK?

・応募資格
オープン系基幹業務システム、もしくはWebアプリケーションシステムの開発経験のある方。
Javaでの開発経験必須。
下記のいずれかに該当する方。
JavaEE、JavaScript、Scala、.NET、Ruby on Rails等の技術に精通している。
アーキテクチャ設計やフレームワーク開発の経験がある。
アジャイル開発に関する知見や実践経験を持っている。
APサーバやDBサーバ、クラウド技術に精通している。
ビッグデータ処理、NoSQL、Hadoop、クラウド等の先端技術に関する知見がある。

Javaの他にScalaやRubyも使ってるみたいですね。JavaからScala、Rubyに行く会社って多いなって気がします。同じようにPerlからGoへの移行も多い印象がありますが、言語間の類似度というか移行のしやすさがあるんでしょうね。

業務分析コンサルタント職

仕事内容 ~モデリングして課題を可視化→提案

・業務内容
業務の現状やあるべき姿を可視化し、モデリングします。業務部門とIT部門のギャップを埋め、業務要件定義から最適なシステム要件を導きます。

アーキテクトとは違った仕事の面白さがあると思います。業務分析ってうまくいくとすごい気持ちいいんですよね。問題が整理されて、解決策が見えてきて。

必須スキル・経験 ~上流工程の経験があればOK?

・応募資格
オープン系基幹業務システムの開発経験、要件定義経験必須。
ロジカルシンキング、ドキュメンテーション、プレゼンテーション、ファシリテーション等の基本的ビジネススキル、コミュ二ケーションスキルのある方。
下記いずれかの経験のある方。
システム企画段階における業務分析・設計の経験。
システム開発プロジェクトにおける要件定義の豊富な経験。
UMLやDOAなどを利用した業務モデリングの経験。

コンサルタントに必要な能力プラスUMLなどのシステム系分析手法があれば、最強ですね!