プログラマSEが転職する意味は「チャレンジを続けるため」

      2016/06/07

自転車をこぐ女の子

「毎日同じことの繰り返しでつまらない…」
「ここ数年、新しいことやってないよな…」
「そろそろ転職すべきタイミングなのかなぁ…」

仕事を始めたばかりのことは毎日が手探りで試行錯誤を続けるうちに段々と仕事が身に付いてきたわけですよね。出来ることが増えてしごとがどんどん面白くなって…、っとここまでは良いんですけど、そこから同じことの繰り返しになってきて、段々と飽きてきて、なあなあで仕事をするようになって、朝起きるのも億劫になって…みたいなことになってしまいがちですよね。私もそうでした。

同じことの繰り返しも「楽」だという意味では良い面もあります。ただ、いくら楽でも、同じことの繰り返しではつまらない人生になってしまいますよね。

仕事がつまらないと感じているということは、新しい仕事にチャレンジするべきタイミングなんだと思います。

私はこれまでに三度転職して、業務システム開発 → Webサービス開発 → スマホゲーム開発と新しい仕事にチャレンジしてきました。

そんな経験を踏まえて、今回は「プログラマー・SEが転職する意味」を紹介します。

新しい技術の基礎は独学で身につけられる

私のITエンジニアとしてのキャリアのスタートは業務システム開発でした。
Javaを使った業務用Webアプリケーション開発を11年やりました。その後ECサイト開発の仕事に転身しました。業務システムもECサイトもサーバーサイドの言語はJavaでどちらもWebアプリケーションなので、転身は簡単でした。

その後、Unityというゲームエンジンを独学しました。Unityはスマホゲーム開発で多用されている技術です。言語はC#を利用します。

C#自体はJavaと似た言語なので習得は容易だったのですが、問題はゲームとWebアプリのアルゴリズムの違いです。

Webアプリケーションはリクエストに対してレスポンスを返すというシンプルなアルゴリズムですが、ゲームはこれと全く異なり、フレーム処理と言う一秒間に何度も呼び出されるイベントハンドラに処理を書くことで画像をアニメーションさせます。いわゆるリアルタイム処理ってやつです。Webとゲームでは全くアーキテクチャが異なるので頭の切り替えが必要でした。

といっても、プログラミングってやってく内に自然と身に付くものなので、しばらく続けたら身に付いてました。

それでUnityを使ってる企業に応募したら採用してもらえたんです。独学したものは基礎的な技術だったので実際の仕事とは多少のギャップはありましたが、基礎が身に付いていれば、対応することが出来ました。

新しい仕事に取り組むと毎日が勉強となり、毎日が新鮮になりました。

では、どうすれば新しい仕事にチャレンジ出来るか考えていきましょう!

やりたいことを見つける方法

私の場合、ソードアートオンラインというアニメを見た時に「ゲーム作りたいな」と思ったのがきっかけでした。このアニメはオンラインゲームを題材にした作品で、オンラインゲームってこんなにドラマがあるんだなと感動したんです。

それでゲームってどうすれば作れるか調べていたらUnityが見つかったんです。Unityを使うと3Dゲームが比較的簡単に作れます。きっかけは何だってよくて、「○○したい!」って思ったらやってみるといいと思います。

独学で新しい技術を学ぶ方法

Unityの本を数冊読んでサンプルを動かしてる内に開発ツールの使い方やコードの書き方がわかってきたので、いくつかオリジナルゲームを作ってインターネットに公開しました。

ユーザーから感想などがもらえたので、意見を取り入れてプログラムの改修をしました。そんなことをやってく内に、「そろそろ仕事として出来そうだな!」と思ったタイミングでゲームの会社に応募しました。

一歩踏み出すことで、次が見えてきて、それが連鎖してつながっていくという感じでした。ですから、一歩踏み出すことが大事なのだと思います。

転職活動すると、いろいろな会社を知ることが出来るので、やりたい仕事を見つける第一歩となるんじゃないかと思います!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,