若手ITエンジニアがフリーランスになる際の心得を教えてください

2018年12月20日に投稿 → に更新 メンタル

質問があります。

・基礎的なことですが、そもそもIT業界は他の業界に比べてやはり忙しいのでしょうか?

・フリーランスになると、気軽に聞ける人がいなくなるので、会社員以上に自分で学ぶ意識、学び方が重要になってくるのでしょうか?

・未経験新卒1年目がフリーランスになってしまうと、慣れていないと、技術習得にやはりつまづいてしまうのでしょうか?

・自分でやりたい案件を新卒1年目という理由で、実際より低単価で交渉できるのでしょうか?

・フリーランスで生きていくためには業務外の自己啓発は必須でしょうか?

読者の方から相談メールをいただきました。

同じような悩みを持っている方向けに回答内容を一部紹介します。

IT業界は他の業界に比べてやはり忙しいのでしょうか?

他の業界といってるのが、どの業界かによります。

会社にもよりますが、全般的傾向としてIT業界は

  • 外資系金融よりは忙しくない
  • 市役所の職員よりは忙しい

と言った感じかなと。暇な方ではないでしょうね。

暇な業界の良い例がないかなぁと考えたのですが、特にこれだっていうのが浮かばず市役所の職員くらいしか浮かびませんでした。あきらかに暇な業界っていうのもないのかなぁと思います。

フリーランスになると、気軽に聞ける人がいなくなるので、会社員以上に自分で学ぶ意識、学び方が重要になってくるのでしょうか?

おっしゃるとおりです。

とはいえ、質問できないわけではありません。あまりに不勉強で初歩的な質問はできないって感じですかね。

新卒1年目でフリーランスになれる?

  • 未経験新卒1年目がフリーランスになってしまうと、慣れていないと、技術習得にやはりつまづいてしまうのでしょうか?
  • 自分でやりたい案件を新卒1年目という理由で、実際より低単価で交渉できるのでしょうか?

新卒1年目でフリーランスになれるかどうかはわかりません。人によります。学生時代から開発経験がある人であれば可能でしょうけれど、就職してからプログラミングを始めたような人だと難しいと思います(不可能という意味ではありません)。

ご自身のスキルに特に自信があるわけではないのであれば、もう少し今の会社で経験を積んでスキルを磨くのがいいのではないかと思います。とはいえ、耐えられないほど苦痛を感じているようであれば、無理して勤め続けるのではなく、早めに辞めたほうがいいかもしれません。

最短でフリーランスになる方法についてこちらの記事が参考になると思います。

フリーランスで生きていくためには業務外の自己啓発は必須でしょうか?

ある程度のレベルまでスキルが身につけば、特に頑張って自己啓発を続ける必要はなくなります。
気になった技術をさわってみるとか、技術系の記事や雑誌を気になったら見る程度で十分仕事をしていけます。

ただ、基礎的な能力が身についていないうちはソフトウェア技術の知識習得とコーディング経験を積む必要があります。

キャリアアップに効く無料のサービス
1. より良い会社に転職したい

転職エージェントに「こんな感じの会社に入りたいです!」と希望を伝えると条件にあった会社を紹介してくれます!

・都市部(1都3県, 大阪, 京都, 兵庫, 福岡近郊) → レバテックキャリア
・地方 → ワークポート

がおすすめです。

2. フリーランスになるのは実はかんたん

ギークスジョブに登録すれば、人脈がなくても仕事を紹介してくれるのでかんたんにフリーランスエンジニアになれます。

案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。(対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊)

フリーランスで案件に参画して社員の人と仲良くなって、正社員採用してもらうっていう裏技もあるので一考の価値アリです!

3. 「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り

仕事内容を選びたいけど、フリーランスは確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!

パーソルテクノロジースタッフに登録すれば、かんたんに派遣社員になれます。