プログラマーSEは「管理職」になった方が得か?

   

プログラマーSEより管理職の方が得?

「課長って仕事楽そうでいいよな」
「でも管理職って仕事つまんなそう…」
「金と仕事の面白さは両立できないのかなぁ?」

プログラマーのキャリアパスは
・プログラマーがSEになって、チームリーダー→プロジェクトマネージャーになってくパターン
・プログラマーからアーキテクトになったり、ミドルウェア等の特定技術のスペシャリストになってくパターン
があります。

もう一つの道として、出世して課長とか部長になって本社とか事業所などのバックオフィスで組織を管理してくというパターンもあります。

この管理職になってくパターンが得かどうかについて考えてみたいと思います。

収入の面では管理職がお得?

給料などの面で比べると、現場でやってる人よりも、課長や部長の方が高い会社が多いでしょう。特に昔からあるような大企業は現場でバリバリ仕事している社員よりも管理職の方が給料が高い場合がほとんどだと思います。

私が以前勤めていた東証一部上場の独立系SIerの場合、課長で年収800万円、部長で1000万円を超すと言われてました。現場の人だと高くても800万円はいきませんでした。まぁ、残業しすぎで800万円行った人もいたかもしれませんけどね。良いことではありませんね(笑)

会社によっては、現場のエンジニアに管理職よりも高い給料を払う会社もあるかもしれないので、自分が今いる会社の給料体系がどうなっているかで考えてみるといいと思います。

ここで、第一の選択肢です。
1. 年収を上げるために管理職を目指そう
2. 年収はそこそこでいいから現場で仕事を続けたい、エンジニアであり続けたい
3. 現場の仕事で管理職以上の年収を貰いたい

3を選んだ場合、そういう会社に転職する必要があります。

エンジニア職で管理職よりも稼ぐ方法

自社製品・サービスで稼いでいる会社だと、管理職の手腕よりも、エンジニア一人の技術力が自社製品・サービスの競争力になることがありますから、腕のいいエンジニアに管理職よりも高い給料を払う会社があると思います。

それか、会社組織から離れて、フリーランスでやってくという道もあります。フリーランスって人脈や高い技術力がないとなれないと思われがちですが、フリーランスのエージェントに登録するだけで、案件を紹介してくれるので簡単になれます。ギークスジョブみたいなサイトです。

仕事の好き嫌いはやってみないと分からない?

現場でバリバリコードを書くのが好きな人もいれば、PMとしてチームを指揮するのが好きな人もいるし、バックオフィスで課長・部長などをやるのが好きな人もいます。

案外技術が好きだと思ってる人でも、管理職になって人と人とを調整してく仕事をしてみると面白味を感じる場合もあるので、おれは絶対エンジニアタイプだなどと決めつけずに可能性の一つとして見ておくといいと思います。

例えばコーディングがすごく好きな人が、SEやチームリーダーになって、システムを発注したお客さんだったり、自社開発なら企画チームの人と、打ち合わせをして、話をまとめていくという仕事をしてみたら、ハマるということはよくあります。

話をまとめていくというのも、プログラムのコードを書いていくのも、「バラバラなロジックをまとめていくという共通点」があります。コードを書く場合、頭の中でバラバラだったピースがコードを書いてく内にパズルのように収束してくような感覚がありますよね。あるいは頭の中で一部分だけ見えてたものが、コードを書くことで全部見えてくるような。これって、上流工程でも同じなんです。

上流工程もある意味プログラミング?

それぞれの人の要望を聞いて、それらの共通する部分を要件としてまとめたり、相反する部分を取捨選択することで、仕様が収束していきます。人間の言葉を使ったプログラミングのようなものなんです。ですから、案外プログラミング以外やりたくないって思ってる人が実際やってみるとハマると思うんです。なので、自分の可能性を広げるという意味でいろいろな仕事を経験することは重要です。

出世して偉そうにしたい?

出世したら偉そうにできるから出世したいとか思ってる人がいるかもしれませんが、それってリストラになったり、会社がつぶれたら終わりです。なので、それを目当てに出世を目指し、傲慢なふるまいをするのはやめた方が良いでしょう。

こういう発想って、「どこかで誰かに威張られたことに対する反発」や、「誰かからバカにされたことへの代償行為」なので外部から影響されて出来た目標なんですよね。外発性の目標(誰かに設定された目標)を目標を達成しても、達成感は得られないと思います。本当にあなたが望んでいることではないからです。

そうではなく内発性の目標、自分の内から湧いてくる、「こんなことをやってみたい、こうなりたい、これを成し遂げたい」っていうことこそ本当の目標だと思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,