プログラマーSEのリーダー経験は転職に有利?経験者が答えます

2015年10月1日に投稿 → に更新

メガネをかけた男

「リーダー経験があると転職に有利って聞くけどどうなんだろう?…」
「リーダーやマネジメントよりコード書く仕事が好きなんだけどな…」
「リーダーやりたいとは特に思わないんだけど転職に有利ならやっておいた方がいいのかなぁ…」

エンジニアの転職に関するWebサイトや雑誌・書籍なんかを見ると、「リーダー経験」の重要性を説いているものをよく目にします。

「企業は、いちエンジニアとして優秀な人よりもプロジェクトのリーダーを担える人材を求めている!」

なんてことがこれ見よがしに書かれています。

ただ、これって受託開発のSIerだけの話なんです。

私はこれまでに三度転職し、

→ 零細システムベンダー(社員80人)
→ 一部上場独立系SIer(社員5000人)
→ 大手流通業グループIT子会社(グループ社員50000人)
→ フリーランス
→ ECサイト開発運営ベンチャー(社員10人)
→ 大手ブログサービス運営企業(3500人)
→ 大手コンシューマゲームソフト開発企業スマホ部門子会社(社員600名)

といろいろな会社で、

業務システム → ECサイト → スマホゲーム

様々な仕事をして、働き方も

正社員 → フリーランス → クラウドソーシング

と幅広くやってきました。

すると、転職系のWebサイト・雑誌・書籍に書かれてることの嘘と真実が見えてきたんです。

そんな経験を踏まえて「リーダー経験と転職の関係」について書いてみます。

人売りSIerは、「単価の高さ」と「外注搾取」が命

2ちゃんねるでは受託開発のSIerを人売りSIerと揶揄しています。企業からシステム開発の依頼を受けて、「一か月80万円で一人エンジニアを派遣します!」みたいな派遣ビジネスをしている会社のことです。

人を派遣することで利益を得ているので「人売り」とか「人身売買」とかって言われています。ちょっとオーバーな言い方すぎですけどね。

SIerでは、ひと月いくらで人を送り込めるか、つまりはエンジニアの単価が高い程、売り上げが増えるので、単価の高い社員ほど高評価がなされます。

単価はプログラマーよりもSE、SEよりもチームリーダー、チームリーダーよりもプロジェクトリーダー・マネージャーの方が高くなります。

加えて、リーダー・マネージャーとしてプロジェクトに参加すると、お客さんとの親交が深くなり、実装工程などで要員追加する際に自社からの要員を入れやすくなります。「リーダーの○○さんの会社の要員でしたら、信頼できますね」となりやすいんです。

リーダーとメンバーの売上額・利益額の違い

例えば、社員AをチームリーダーとしてB社のCプロジェクトに参加させて、下請け企業Dの要員5人を追加投入したとします。A社からはひと月あたり以下の報酬がもらえます。

社員A:90万円(リーダー単価)
下請け要員1:70万円(プログラマー単価)
下請け要員2:70万円(プログラマー単価)
下請け要員3:70万円(プログラマー単価)
下請け要員4:70万円(プログラマー単価)
下請け要員5:70万円(プログラマー単価)

合計 90万円 + (70万円 × 5人) = 440万円の売り上げ

下請け要員の会社には一人に月60万円支払う場合、この会社の利益は以下のようになります。

下請け要員1:70万円 - 60万円(下請け企業Dへの支払い) = 10万円
下請け要員2:70万円 - 60万円(下請け企業Dへの支払い) = 10万円
下請け要員3:70万円 - 60万円(下請け企業Dへの支払い) = 10万円
下請け要員4:70万円 - 60万円(下請け企業Dへの支払い) = 10万円
下請け要員5:70万円 - 60万円(下請け企業Dへの支払い) = 10万円

合計 10万円 × 5人 = 50万円の利益

社員Aの給料 + 関節費用が月額50万円だとすると、90万円 - 50万円 = 40万円の利益

利益の合計 50万円 + 40万円 = 90万円

まとめると、リーダーである社員Aは会社にひと月あたり

  • 440万円の売り上げ
  • 90万円の利益

をもたらしています。

これとは逆に社員ZをプログラマーとしてB社のCプロジェクトに参加させた場合、

社員Z:70万円(プログラマー単価)

のみしか、もらえません。会社の利益は

社員Z:70万円 - 社員Zの給料30万円 = 40万円

社員Zは会社に月40万円しか利益をもたらしていないというわけです。

リーダーをやっている社員Aが90万円なのに対して半分以下の利益にしかなってません。

かんたんに言うと、リーダーは下請け要員からのピンはねがある分会社にもたらす利益が大きいということです。

自社サービス運営企業はプログラマーへのリスペクトが高い

SIerだと、プログラマーよりSEが偉い、SEよりリーダー、リーダーよりマネージャーが偉いというヒエラルキーがありますが、自社サービス運営企業にはそんなものはありませんでした。

そもそもSEというポジションがありません。

  • プログラマー(エンジニアとも呼ばれる)
  • デザイナー
  • プランナー
  • ディレクター
  • プロデューサー

プログラマーはプランナーの考えた仕様をデザイナーの考えたデザインで動くプログラムを作ります。
そこに上下関係はありません。それぞれが自分のできることをして、それが合わさってサービスができ上がります。お互いをリスペクトする関係になっているんです。

SIerの場合、マネージャー・リーダーの指示のもとプロジェクトが進行していきますが、自社サービス運営企業ではそういった雰囲気はなく、達成すべきことに向かって、それぞれができることを出し合っていくという雰囲気なんです。

で、結局リーダー経験は転職に有利なの?

冒頭で述べた通り、SIerならば、リーダー経験があったほうが間違いなく有利です!ですが、リーダー経験がないからといって転職できないわけではありません。私の一度目の転職は25歳のときですが、リーダー経験なんて全くありませんでしたが、いくつも内定を余裕でもらえました。

二度目の転職は31歳の時でリーダー経験もありました。とはいえ、SIerの面接では、リーダー経験について熱心に聞かれましたが、自社サービス系企業の面接ではリーダー経験よりも技術スキルについての話が中心でした。

ということで、応募する求人のポジションにもよりますが、リーダー経験がなくても、採用する企業はたくさんありますし、リーダー経験を活かしたいなら、そういうポジションの求人に応募すればいいだけです。

つまりは、

「自分が今持っているものを活かす!」

ってことなんだと思います。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア