*

押し目を待ってても買えないし当たらない対策

に投稿

投資系YouTuberの意見を参考に下がるのを待っていたが、BTCが余り下がらずに再度上昇。

いくらまで下がるはずだから、そこまで待とうという意見だったが外れた。

再上昇したとはいえ、そこまで上がらずに落ちるかもしれない。

だから、結局の所、少し下がったら少し買う。また下がったら少し買うと小刻みに買っていき、大きく上がり過熱感を感じたら部分利確するというのを繰り返すのが良いように思う。

買うときには日割りを買う。
利確した分は日割りの総量に追加する。
そうしていれば、利確して増えた分が日割り分にたされて増えるから、プチ複利にもなる。

一番いいのは押し目が的中して、そこにドカンと大きな額を入れられればいいが、それは高望みすぎかも。

予想的中の動画を見ると、自分もそうしたいと感じてしまうが、毎回予想が的中することはない。

タイミングを図ろうとするといつまで経っても買えない。

買うときにも大きな額を買おうとするとビビってしまう。

だから、やはり、日割り分の少量ずつ買ってくのがいいんだろう。

日割りで買う→下がる ✕ たくさんっていう展開になったら、その時こそ、YouTuberたちが予想した押し目まで到達してるはず、そこで多めに買えばいいだろう。その上で買ってしまった損ポジも、一つ一つは日割り分だから損失額は少ないので、その後挽回できるはず。

やはり、予想せず、下がったら小さく買う、上がったら小さく売る、これが不確実性への対処法なのだろう。ただ、この方法だと、予想的中よりもパフォーマンスが落ちる、そことの兼ね合いだ。

それか、日割り分 + 自分の予想で追加分を買って、短期で部分利確するのもありかも。

ともかく、押し目で大きく買って長期保有って戦略は理想の一つだけど、なかなか難しいことがやってみてわかった。

 - お金

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 八 = 0

  関連記事

過去の自分に教えたいニキビの正しい治し方 ~鏡を見ないことの重要性

「ニキビさえなければもっと楽しい人生になるのに…。」 「なんで自分だけこんな目に …

殴り合いの喧嘩と投資は同じ【リスクを取る】

中学生の頃、ひどい侮辱をされたが、喧嘩して怪我をすることを恐れて耐えてきた。 今 …

no image
藤井聡太のような機械親和性が高い人が無双する時代

教科書で学ぶ → 動画で学ぶ → AIで学ぶ時代 今ChatGPTを使い続けてる …

目のクマをなくす方法 ~スマホのブルーライト対策すればクマは消える

「寝不足なわけではないのに目にクマができている…」 「目のクマのせいで暗い人だと …

no image
ミューイングのコツ

舌の後方3分の1で喉をふたする。後方3分の1を持ち上げることが頭と首の姿勢につな …

プロセスエコノミー 要点メモ【尾原和啓】

アウトプットだけを売るのではなく、プロセスも売る。 完成されたプロダクトを売るだ …

耐え続けるのではなく、何かしら動いてみる

耐え続けるのではなく、何かしら動いてみる、その結果どうなるかには執着しない。 行 …

革靴とスニーカーでは歩き方を変えるべし! ~革靴で正しく歩く方法

「革靴は歩きにくいし疲れるから嫌だ…」 「スニーカーみたいな履き心地の革靴があれ …

no image
迷ったら小さく行動する

病院に行こうと思ったけど、なんか気が進まない → 一日待ってみる。別の病院を探す …

親・先輩・上司の呪いの連鎖を断ち切れば、あなたも魔法少女まどかマギカになれる!

「魔法少女まどかマギカ感動した!!」 「自分もまどかみたく世界の役に立つ人間にな …