オステオパシー施術4回目。首の動きの軌道修正等

2016年3月25日に投稿 → に更新

マッサージする女性
オステオパシーの施術4回目を受けてきました。

スポンサーリンク

前回からの変化

  • 3/18 膝や脛の内側が少し痛みを感じたが先週ほどじゃない。次の日から痛みはなくなった。
  • 3/22 眠る時、お腹の中央横にイライラが溜まっている感じがした。呼吸する度にそこが刺激される感じがした。隣の部屋の音が異様にストレスに感じる。
  • 3/23 朝、目が覚めたら、すごく眠くて体が疲れていてもう一度寝た。ほぼ毎日そんな状況。

施術内容

背骨のある個所にとても固く滞ってる部分があるとのことでそこを調整。その後、頭蓋骨の調整をする予定だったのが、頭蓋骨を調べていたら、尾てい骨の問題を先にやるべきことがわかったらしく、尾てい骨の調整をしていただきました。

私の場合、首が後ろにそっているらしく、後ろに反りやすいけど、前に屈めにくい状態のようでした。
前に曲げる時に、途中で少しカクンと横に行ってから前に行くようでした。ホントにほんのちょっとなんですけど、横にそれてから前にいきました。こういうのって自分では気づけないことなので驚きました。

あと、首を後ろにそらした時、少し痛みがありました。

スポンサーリンク

施術後

首が前にもまっすぐ曲がるようになりました。後ろにそらした時の痛みもなくなってました。オステオパシーってホント凄いなと思います。

靴を履いて立った時の感覚が以前と違い、すっと立てました。あと、座った時の姿勢が良くなったと言われました。自分でも自覚があります。以前は背中を丸めて後ろ重心になっていることが多かったのですが、先週一週間意識して、良い座り姿勢を意識したのもありますが、調整によって意識しなくても良い姿勢が保てる時間が多くなった気がします。

質問と回答

Q. 眠る時に音がしない方がいいでしょうか?音がする場合、耳栓をした方が良いでしょうか?目覚まし時計の針の音が気になるくらい神経質になっています。
A. 自然環境の中で無音はあり得ないので多少音が鳴っていることは問題ない。音が気になるのは通過過程なので、そのうち通り過ぎるはずだがストレスになるならば、耳栓をした方が良い。

今後

今までは週一で通っていたのですが、次の施術は2週間間を空けることになりました。
施術の効果で体の調整が進み、次の段階になるまで2週間ほど期間が必要なんだそうです。
初めの内は体が治る体制が整っていないので一週間おきだったそうです。

治療が進めば進むほど、4週ごと、8週ごとと間を長く開けることになるそうです。
そのころには施術後の体の調整が4週、8週と長い間続くようになっているそうです。

治療を進めるほどに治療効果が上がるっていいですね。大抵の療法って初回が一番効果ある感じしますからね。オステオパシーは続ければ続けるほど、効果が増していくようなので、次回がまた楽しみです。

 - 健康

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 × = 三十 五

  関連記事

どうせ死ぬのに人間が生きる理由は一日を連続ものアニメの一話と考えると腑に落ちる

「だれでも最終的には死んでしまうのだから、何をしたって無駄じゃないか?」 「生き …

目の疲れを予防・回復する方法

「PCやスマホの画面を見ると目が痛くなる…」 「夕方になると目がかすんでくる…」 …

断食しても何も変わらなかった ~宿便なんて出ない?

断食すると健康になるってよく聞きますよね。 「宿便が出る!」 「体質が変わる!」 …

考えがループして眠れない時には「感情の機能」を考えるといい

寝ようと思って横になったのに、頭の中で不安なこととか、腹たったこととかがずっとル …

ネット広告やアフィリエイトは滅びる運命なのだろうか?

・Yahooアフィリエイト終了 ・ネット広告のクリック数のうち88~98%はボッ …

足つぼマッサージを自分でやる一番楽で簡単な方法

足つぼマッサージはうまいマッサージ師にしてもらうとすごく気持ちいいのですが、へた …

貧血を治す方法 ~様々な鉄分の取得方法と習慣

「貧血気味で電車で倒れそうになることがよくある…」 「健康診断で赤血球が少なかっ …

過去の自分に教えたいニキビの正しい治し方 ~鏡を見ないことの重要性

「ニキビさえなければもっと楽しい人生になるのに…。」 「なんで自分だけこんな目に …

革靴とスニーカーでは歩き方を変えるべし! ~革靴で正しく歩く方法

「革靴は歩きにくいし疲れるから嫌だ…」 「スニーカーみたいな履き心地の革靴があれ …

海外旅行は中学英語レベルの数フレーズで乗り切れる!

「海外旅行行きたいけど、英語に不安がある…」 という方は多いかと思います。 私は …