ネット広告やアフィリエイトは滅びる運命なのだろうか?

2015年2月18日に投稿 → に更新

a0002_001091

Yahooアフィリエイト終了
ネット広告のクリック数のうち88~98%はボットによるものだと判明
ネット上における動画広告の視聴数のうち23%はボットによる再生だったことが判明

ネット広告の衰退や信頼性の低下を示唆するニュースが連続しました。

ネット広告は表示するだけでなくクリックされたかや広告経由で購入された際に広告料が発生する成功報酬型なのでテレビCMよりも費用対効果が高いと言われていました。

しかし、ネット広告のクリックにはボットによるものがあるとなれば広告の信頼性が低下し広告のスポンサーが減ってしまうこともあり得ます(それでも効果測定出来る分テレビCMよりずっといいでしょうけど)。

ネット広告の進歩により個人でも良質なコンテンツを配信すれば収入が得られるようになりましたが、このままネット広告の信頼性が低下し続ければ、ネット広告は衰退し、最終的にはなくなってしまうかもしれません。

そこで、今回はネット広告やアフィリエイトの今後について考えてみます。

スポンサーリンク

Yahooアフィリエイト終了の理由

Yahooアフィリエイトは終了しますが、同様のアフィリエイトをバリューコマースで継続するようです。

バリューコマースは2005年にYahooが109億円で買収した企業です。Yahooアフィリエイトを終了することでアフィリエイト事業を一本化して経営効率を上げることが狙いなのだと思います。

なので、この件はネット広告の信頼性低下や衰退とは関係なさそうです。

HIKAKINやイケダハヤトもネット広告がなくなればオワコン

a0002_009270

HIKAKINやイケダハヤトは自宅で自分が好きなコンテンツを作って生計を立てています。私を含む働きたくない人たちにとって憧れの存在です。

しかし、彼らのような成功者でさえネット広告がなくなってしまえば、「オワタ」になってしまいます。まぁ、既にこの二人のレベルになると一生食ってけるくらいの金額をすでに稼いでいるのかもしれないので「オワタ」とはならないかもしれないですけどね。

なんにせよ、今まで存在していた制度がいきなりなくなるということはあり得るので、変化に適応していくことが重要です。

スポンサーリンク

まぁ、Googleとかがボット対策してくれるんだろう!

初期の検索エンジンには無意味な文字列を羅列しているような質の低いページが検索上位に表示されることがありましたが、今は表示されません。

ブラックハットといわれているSEOを悪用した手段をGoogleが見破るようになったからです。なので、ボットによる広告視聴も対策されていくと考えられます。

もちろん、完璧に防止できるかは分かりません。コンピュータウィルスのようにイタチゴッコが続くかもしれませんが、パソコンは実用的に使えるレベルを保っています。
なので、ネット広告も実用的に問題ないレベルの信頼性は担保されるのではないかと思います。

 - お金

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


二 × 9 =

  関連記事

革靴とスニーカーでは歩き方を変えるべし! ~革靴で正しく歩く方法

「革靴は歩きにくいし疲れるから嫌だ…」 「スニーカーみたいな履き心地の革靴があれ …

凡人にも出来るふつうの速読術

「本を速く読みたい!」 「本を読む時間が足りない!」 私は学生時代、読書習慣が全 …

堂本光一が聞いてるDNAレベルで細胞を修復させる528Hzの音

Kinki Kidsのブンブブーンという番組で、「田中圭の寝具選びをする」回で堂 …

努力を継続させるためのコツ ~ダイエットやアフィリエイトを続けるには?

「努力は必ず報われる!」とAKB48の高橋みなみは言っていますが、本当にそうでし …

オステオパシー施術4回目。首の動きの軌道修正等

オステオパシーの施術4回目を受けてきました。 Contents前回からの変化施術 …

婚活を始める前に準備すべきこと

「30過ぎたしそろそろ結婚しようかな!」 「一人暮らししてるのが寂しくなった、婚 …

髪質が劇的に良くなったガチの方法

「自分の髪質や髪型100%気にっている人いますか?」 「シーン・・・。」 自分の …

初対面の人の名前を覚える画期的な方法

「人の名前を覚えるのが苦手、すぐ忘れてしまう…」 「何回か会うと覚えられるんだけ …

運動しなくても筋肉がついてスタイルが良くなる画期的な方法

「ぶよぶよした贅肉をなんとかしたい…」 「均整の取れた体になりたいけど、運動はし …

喉を痛めない/枯らせない声の出し方

「喉が痛くなりやすい…、声の出し方が悪いのかなぁ?」 「友人とお茶してたくさんし …