歯磨きは自分が思っているより、もっと細かく振動させるべし! ~正しい歯磨きの方法

      2017/08/16

a0002_004131

「歯をちゃんと磨いているのに虫歯になる…」
「強く磨きすぎて歯茎が張れて血が出ることがある…」

歯磨きは毎日やらなければならないので面倒ですが、毎日やることだからこそ、正しいやり方をするかどうかで大きな差が生まれます。

私は子供の頃よく虫歯になったのですが、大人になってからは虫歯になりにくくなりました。

歯医者さんで歯磨きの仕方のレクチャーを受けた時に、「なるほど、こうやればいいのかぁ!」とコツがつかめたんです。

一言で言うと「思ってるよりもっと細かく歯ブラシを動かすべし!」ということです。

そんな歯磨き術を紹介します。

スポンサーリンク


歯医者での歯磨き指導

a0002_004129

歯医者さんで治療を終えた際に「ブラッシングの指導を受けませんか?」と言われたのでお願いしました。

そこでやったのは、

  1. ピンク色の検査薬を歯に付けてからふだん通り歯磨きをする
  2. 磨き残しをチェックする(ピンク色が残ってる部分が磨き残し)
  3. 正しい歯磨きの指導を受ける
  4. 教わった磨き方で再度歯磨きする
  5. 再び磨き残しをチェックするとピンク色がきれいに落ちている

でした。

自分としてはよく磨いたつもりでも、けっこうピンク色が残っており、「そんなバカなぁ…」と落胆した後に、正しい磨き方を教わってやってみると、予想以上にかんたんに汚れが落ちて驚きました。

歯を一本ずつ細かく振動させて磨く

指導された歯磨き法の一番のポイントは歯ブラシを細かく振動させることです。

細かく振動させると一度に磨ける歯が限られてしまう気がしますが、結果的にはこちらの方が早く汚れが落ちるようです。

自分が思っている以上に細かく振動させるんです。指導してくれた歯科助手さんが細かく振動させてくださいというので、自分なりに細かく振動をやってみると、「もっと細かく!」と言われました。

なので、思っている以上に細かく振動させるのがポイントです。すると、驚くほど汚れが落ちます。

スポンサーリンク


歯茎を傷つけないように

歯ブラシが歯茎に当たった状態でゴシゴシやってしまうと、歯茎が傷つき出血したり、腫れてしまいます。

歯茎がダメージを受け続けると歯槽膿漏になってしまいます。

歯槽膿漏になると歯の根がもろくなってしまい固いものが食べられなくなってしまいます。

なので思ってる以上に歯茎を大切にしましょう。

力を入れ過ぎない

a0002_008251

歯をきれいにしたいあまり、力を入れ過ぎてゴシゴシやってしまう場合がありますが、歯や歯茎が傷つくのでやめましょう。

そんなに力を入れなくても、きめ細かいブラッシングをすれば汚れはちゃんと落ちます。

親知らずは早めに抜く

親知らずを放置すると、親知らずが他の歯を前に押し出してしまい、歯並びが悪くなるそうです。

歯並びが悪くなると歯磨きが難しくなります。

きれいにそろった歯ならば、ふつうに磨けば汚れが落ちますが、歯並びが悪くて歯が入り組んでいると、磨きにくい部分が多くなってしまいます。

寿命が延びれば、歯の使用期間も延びる!

分子生物学の進歩によって、人類の寿命は一気に延びる可能性があると言われています。

150歳とか200歳まで生きるのが当たり前になるかもしれません。そこまで寿命が延びたら、歯の使用期間も同じように延びるわけで、歯をより大切にすべき時代になっていくはずです。

ぜひ正しい歯磨き法を身に付けてください!

おまけ: 自分探しのカンタンな方法

私は以前ベタにインドに自分探しの旅をしたことがあります。人生変わるような出会いや感動があるかなと期待したのですが、インド人との心の通う交流なんてなくて、それどころかお金をだまし取ろうとする輩が多すぎて嫌気が差しました。

結局インドに行っても、自分は見つかりませんでした。

グッドポイント診断みたいなテストを受けたほうがよっぽど自分の強みがわかると思います。

無料で受けられる割に判定結果が詳細でとても参考になりました。ぜひ受けてみることをおすすめします!

 - 健康

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


一 × 6 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

歯磨きする男性
歯の間を磨くには歯ブラシを縦にして端を差し込んで磨くべし

歯医者さんで歯磨きの指導を受けてきました。けっこう目から鱗だったので紹介します。 …

a1180_016056
大切にすべきじゃない親もいる

一般的に「親は大切にすべき」だと言われています。 「親孝行したい時に親はいない、 …

a0001_017435
他人の心を読む方法 ~相手の質感に同調することで相手を感じる技術

「自分が周囲から嫌われてないか知りたい…」 「好きな人の気持ちを知りたい…」 「 …

a0001_017263
過去の自分に教えたいニキビの正しい治し方 ~鏡を見ないことの重要性

「ニキビさえなければもっと楽しい人生になるのに…。」 「なんで自分だけこんな目に …

a1180_013932
海外旅行は中学英語レベルの数フレーズで乗り切れる!

「海外旅行行きたいけど、英語に不安がある…」 という方は多いかと思います。 私は …

a0002_006955
初対面の人の名前を覚える画期的な方法

「人の名前を覚えるのが苦手、すぐ忘れてしまう…」 「何回か会うと覚えられるんだけ …

自転車
自転車は交通事故に遭いやすい?乗るのやめた方が良い理由

私はこれまでに3度ほど交通事故にあったことがあります。 まぁ、そのうち2回はほと …

a0002_004907
革靴とスニーカーでは歩き方を変えるべし! ~革靴で正しく歩く方法

「革靴は歩きにくいし疲れるから嫌だ…」 「スニーカーみたいな履き心地の革靴があれ …

a0001_017578
あなたに彼女がいなくてもいい理由と、彼女を作るために今すぐやるべきこと

「彼女がほしい」 「クリスマスに一人はさびしい」 なんて言う話はよく聞きます。 …

a0001_009107
ダイエットと貯金と時短を両立する方法

「痩せたいけど、なかなかダイエットできない…」 「スポーツジムとかエステに行きた …