自転車は交通事故に遭いやすい?乗るのやめた方が良い理由

      2017/08/18

自転車

私はこれまでに3度ほど交通事故にあったことがあります。

まぁ、そのうち2回はほとんど無傷で、1回も打撲程度ですが、それらすべてが自転車に乗っていた時なんです。

そこで改めて自転車の危険性を考えてみました。

スポンサーリンク


自転車はバイクのエンジンなし版

「車とバイクってどっちが危険だと思う?」って聞かれたら「バイク」と答えますよね。

自転車はバイクと形は一緒です。2輪で安定性は自動車より悪いし、身体がもろ外に出てます。当然エアバックもありません。

それでいて、自転車はバイク程きちんと左側通行をするわけでもなく、歩道を走ったりもします。

歩道で歩行者とぶつかってしまう危険もあります。

右側通行は車のドライバーにとって死角になりやすい?

事故の届をした時に警察署の交通課の方から

「自転車もきちんと左側通行した方が良い。右側を走るとドライバーの死角になりやすいから」

とアドバイスをいただきました。自分を守るためにも交通ルールを守ったほうがいいですね。

スポンサーリンク


歩いてたら、後ろに一歩引いてかわせるけど、自転車では…

私が経験した車との接触事故は、私が歩道を自転車で走っていて、お店から車道に出ようとする車が目の前に現れたので、自転車を止めました。

するとその車左折してきたんです。それで、自転車ごと巻き込まれちゃったんです。まぁ、すぐ止まってくれたから、ほとんどケガはありませんでしたが、背筋がヒヤッとしますよね。

もうちょい車と距離を取って止まればよかったのですが、判断ミスが起きるのは仕方ありません、人間ですからミスを100%防ぐことはできません。

重要なのはミスした時に被害を回避できるかです。

今回の場合、私が自転車に乗ってなければ、車が左折して私を巻き込みそうになっても、ひょいっと後ろに一歩引けばかわせたはずです。

自転車って基本前にしか進めないので、とっさの機動性が徒歩に比べて低く、瞬間的な危機回避が難しいと思います。

自転車は疲れやすい

事故が起きるのって、ドライバーと自分、両方に原因があります。もちろん、ドライバーの方が悪い場合がほとんどですが、それでも、自分がミスをしなければ避けられる場合が多いでしょう。

で、どんな時に自分がミスをするかというと、疲れてボーっとしてる時です。

自転車って走るよりは楽だけど長い距離を走ると疲れます。それに自転車って長い距離を走りがちです。

そんな時にドライバーのミスと重なると事故になってしまいます。

電車に乗った方が時間効率が良い

3駅分くらいなら自転車で行った方がお金もかからないし良いと思っていましたが、疲れるし、事故のリスクも高まるし、時間もかかります。

電車に乗っている間は、音楽や音声を聴いたり、スマホで情報収集したり、本を読んだりもできます。

ですから、電車賃数百円をけちるのはばかげています。

自転車は座りっぱなしだから運動としてもいまいち?

私はふだんパソコンを使った仕事をしているので、座ってる時間が長く運動不足になりがちです。

そんな時、自転車に乗ると運動になっていいかというとそうでもありません。

自転車って起ち漕ぎする時以外は座りっぱなしなので、運動としても歩いた方が良いわけです。

そんなわけで、自転車乗るのやめようと思っています。自転車に乗ってて危ない目に遭ったことがある人もない人も、ぜひ一度、乗るべきか乗らないべきかや乗る時間帯などを考えてみてください!

おまけ: 自分探しのカンタンな方法

私は以前ベタにインドに自分探しの旅をしたことがあります。人生変わるような出会いや感動があるかなと期待したのですが、インド人との心の通う交流なんてなくて、それどころかお金をだまし取ろうとする輩が多すぎて嫌気が差しました。

結局インドに行っても、自分は見つかりませんでした。

グッドポイント診断みたいなテストを受けたほうがよっぽど自分の強みがわかると思います。

無料で受けられる割に判定結果が詳細でとても参考になりました。ぜひ受けてみることをおすすめします!

 - 人生 ,

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


二 + 8 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

a1180_013932
海外旅行は中学英語レベルの数フレーズで乗り切れる!

「海外旅行行きたいけど、英語に不安がある…」 という方は多いかと思います。 私は …

a0002_004131
歯磨きは自分が思っているより、もっと細かく振動させるべし! ~正しい歯磨きの方法

「歯をちゃんと磨いているのに虫歯になる…」 「強く磨きすぎて歯茎が張れて血が出る …

a0001_009107
ダイエットと貯金と時短を両立する方法

「痩せたいけど、なかなかダイエットできない…」 「スポーツジムとかエステに行きた …

スマホで株価を確認
米国株の方が日本株より投資対象としていいかも!

戸松信博著「日本人が知らなかった海外投資 米国株」を読みました。 米国市場には世 …

ANJ86_suyasuya500
ぐっすり眠って朝すっきり目覚める睡眠法の鉄則

「夜なかなか眠れない、眠りに入るのに時間が掛かる…」 「朝が苦手、すっきり目覚め …

a0002_007009
口下手でも、うまく会話を盛り上げる簡単な方法 ~聞き上手の本当のポイント

「口下手で話が苦手、特に初対面の人とは緊張してあがってしまう…」 「話が盛り上が …

マッサージする女性
オステオパシー施術4回目。首の動きの軌道修正等

オステオパシーの施術4回目を受けてきました。 Contents前回からの変化施術 …

a0001_013678
目の疲れを予防・回復する方法

「PCやスマホの画面を見ると目が痛くなる…」 「夕方になると目がかすんでくる…」 …

a1180_014649
友達が少なくても気にする必要がない本当の理由

一般的に「友達は多い方がいい」とされています。 一人でいることを「ぼっち」といい …

a0002_007531
季節の変わり目に風邪をひいたり体調を崩さないためにすべきこと!衣替えは遅めにやるべし!

「季節の変わり目に風邪ひいたり、体調を崩すことが多い…」 「2月が一番寒いのにな …