自転車は交通事故に遭いやすい?乗るのやめた方が良い理由

   

自転車私はこれまでに3度ほどの交通事故にあったことがあります。
まぁ、そのうち2回はほとんど無傷で、1回も打撲程度ですが、それらすべてが自転車に乗っていた時なんです。

つい先日も自動車の左折に巻き込まれそうになり、自転車乗るのやめようかなと思いました。

その理由を紹介します。

スポンサーリンク


自転車はバイクのエンジンなし版

「車とバイクってどっちが危険だと思う?」って聞かれたら「バイク」と答えますよね。

で、自転車はバイクと形は一緒です。2輪で安定性は自動車より悪いし、身体がもろ外に出てます。当然エアバックもありません。

それでいて、自転車はバイク程きちんと左側通行をするわけでもなく、歩道を走ったりもします。

歩道で歩行者とぶつかってしまう危険もあります。

右側通行は車のドライバーにとって死角になりやすい?

事故の届をした時に警察署の交通課の方から「自転車もきちんと左側通行した方が良い。右側を走るとドライバーの死角になりやすいから」とアドバイスをいただきました。

言われてみれば確かにそうだなと思いました。

自分が車を運転している時って、他の対向車を意識しますもんね。で、左折する時に自転車や歩行者を巻き込まないように注意はしますが、そもそも、左側通行をしていれば、対向車と共に認識されるのでひかれるリスクは減ると思います。

スポンサーリンク


歩いてたら、後ろに一歩引いてかわせるけど、自転車だと前にしか行けない

私が経験した車との接触事故は、私が歩道を自転車で走っていて、お店から車道に出ようとする車が目の前に現れたので、自転車を止めました。

するとその車左折してきたんです。それで、自転車ごと巻き込まれちゃったんです。まぁ、すぐ止まってくれたから、ほとんどケガはありませんでしたが、背筋がヒヤッとしますよね。

もうちょい車と距離を取って止まればよかったのですが、判断ミスが起きるのは仕方ありません、人間ですからミスを100%防ぐことは出来ません。

重要なのはミスした時に被害を回避できるかです。

今回の場合、私が自転車に乗ってなければ、車を左折して私を巻き込みそうになっても、ひょいっと後ろに一歩引けばかわせたはずです。

自転車って基本前にしか進めないので、とっさの機動性がある気に比べて低く、瞬間的な危機回避が難しいと思います。

自転車は疲れやすい

事故が起きるのって、ドライバーと自分、両方に原因があります。もちろん、ドライバーの方が悪い場合がほとんどですが、それでも、自分がミスをしなければ避けられる場合が多いでしょう。

で、どんな時に自分がミスをするかというと、疲れてボーっとしてる時です。

自転車って走るよりは楽だけど長い距離を走ると疲れます。それに自転車って長い距離を走りがちです。

そんな時にドライバーのミスと重なると事故になってしまいます。

電車に乗った方が時間効率が良い

3駅分くらいなら自転車で行った方がお金もかからないし良いと思っていましたが、疲れるし、事故のリスクも高まるし、時間もかかります。

電車に乗っている間は、音楽や音声を聴いたり、スマホで情報収集したり、本を読んだりも出来ます。

ですから、電車賃数百円をけちるのはばかげています。

自転車は座りっぱなしだから運動としてもいまいち?

私は普段パソコンを使った仕事をしているので、座ってる時間が長く運動不足になりがちです。

そんな時、自転車に乗ると運動になっていいかというとそんなこともありません。

自転車って起ち漕ぎする時以外は座りっぱなしだからです。なので、運動としても歩いた方が良いわけです。

そんなわけで、自転車乗るのやめようと思っています。自転車に乗ってて危ない目に遭ったことがある人もない人も、ぜひ一度、乗るべきか乗らないべきかを考えてみて頂きたいと思います。

おまけ: 自分探しのカンタンな方法

私は以前ベタにインドに自分探しの旅をしたことがあります。人生変わるような出会いや感動があるかなと期待したのですが、インド人との心の通う交流なんてなくて、それどころかお金をだまし取ろうとする輩が多すぎて嫌気が差しました。

結局インドに行っても、自分は見つかりませんでした。

グッドポイント診断みたいなテストを受けたほうがよっぽど自分の強みがわかると思います。

無料で受けられる割に判定結果が詳細でとても参考になりました。ぜひ受けてみることをおすすめします!

 - 人生 ,

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 × = 三十

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

a0001_009107
ダイエットと貯金と時短を両立する方法

「痩せたいけど、なかなかダイエットできない…」 「スポーツジムとかエステに行きた …

MAR85_yochiyochikame1082500
運悪くGoogleのインデックス頻度が遅くなってしまった時の対処法 ~原因を調べ受け入れる。運は長い目で見るべし!

なぜか、自分のサイトがインデックスされるのにやたら時間が掛かる、なんでだろう?つ …

a1180_014649
友達が少なくても気にする必要がない本当の理由

一般的に友達は多い方がいいとされています。 CMで小学校に入学した子供が 「友達 …

PAK83_okuroookami20140321500
婚活を始める前に準備すべきこと

「30過ぎたしそろそろ結婚しようかな!」 「一人暮らししてるのが寂しくなった、婚 …

a0002_001995
やるかやらないかを決断する方法 ~決断のルールを作るべし

「人生の岐路に立った時になかなか決断できない…」 「決断したことを後で後悔して、 …

a0001_017435
他人の心を読む方法 ~相手の質感に同調することで相手を感じる技術

「自分が周囲から嫌われてないか知りたい!」 「好きな人の気持ちを知りたい!」 「 …

a0001_017263
過去の自分に教えたいニキビの正しい治し方 ~鏡を見ないことの重要性

「ニキビさえなければもっと楽しい人生になるのに…。」 「なんで自分だけこんな目に …

a0002_010189
生きるためにお金を稼ぐはずがお金のために生きている?

「何のために生きているのだろう?」 「自分のやりたいことが分からない…」 誰しも …

かわいい女の子
80対20の法則は幸せに生きる決意

新版 人生を変える80対20の法則を読みました。 この本は80対20をビジネスだ …

マッサージする女性
オステオパシーの施術を受けてきた

私は結構健康オタクで、気功やヨガなどのエクササイズや、ホメオパシーやヒプノセラピ …